春季大会3回戦敗退

やはり不安が的中してしまいました。仁徳杯の農芸等戦のリプレイを見るごとく、投手の制球難が相手のビッグイニングを導く結果となり、5回コールド負け。残念であります。

気持ちを切り替えて、3年生は最後の夏に向けて、しっかり自分の力を試合で全力出せるよう、日々の練習に取り組み今日の悔しさをリベンジできるよう頑張ってほしいですね。2回表のセカンドゴロ、4回の内野フライ判断ミスなど最小限の傷で防ぎ、投手を助けられて、ゲームを作ることが出来た場面があったと思います。ひとつひとつの場面、日頃の力を出せば防げたプレーを見過ごさず、課題としてしっかり受け止め、あと2か月弱の練習に取り組んでほしいですね。ガンバってください!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sekstel (金曜日, 03 11月 2017 20:30)

    Siemaszko

What's New